ミック・ネスの仕事内容

ENGLISH→

● ENG音声技師、プロダクションアシスタント

テレビや企業映像撮影の音声技師をしています。日本のTVクルーとも、頻繁にお仕事をご一緒させていただいています。車両の手配はもちろん、現地カメラマンや機材の手配なども承っています。

● フィルムスコアリング(映画、ドキュメンタリーのための音楽)

映画、ドキュメンタリーなどで映像と共に流れる音楽の作曲も行っています。監督の希望に細かく応え、各場面を印象的なものにする音楽を作っています。下記はその一例です。

Soundtrack-The Indoor Landart Program

Soundtrack NICK

Soundtrack Paradise Girls

● 音楽活動

プロフィール、ディスコグラフィーは、Mick Nessのホームページをごらんください

クライアント
オランダ国営放送、TOPKAPI Films、オランダ政府観光局、NHK、フジテレビ、TBS、テレビ朝日 他

About Mick Ness

アムステルダム出身
ミュージシャン、音声技師 
 
1978年、音楽活動をスタート。
作詞作曲、歌、演奏全て自ら手がけるマルチインスツルメンタリストのミックは、アムステルダムのポストパンクムーブメント「ULTRA」のコアメンバーとして当時の音楽シーンを牽引しました。

1980年にファーストアルバムをリリースしてから、ソロとしてはもちろん、複数のバンドのフロントマンもつとめ、多彩なサウンドを生み出してきました。90年代、ミックがフロントマンをしていたハンガリーのバンド Sexepilは、オープニングアクトとしてアイスランドのSugercubesのヨーロッパツアーに参加。そして、2016年にリリースした自社レーベルのファーストアルバムMadhouse. Promenadeは、Gary Numanアムステルダム公演のサポートアクトでお披露目をしました。

最近では、20世紀初頭の極地探検をテーマに楽曲を作り続けています。

Bandcamp (外部サイト)で、デジタルアルバムを購入できます

 お問い合わせは、frog@studiofrog.amsterdamへ