The Frozen Fountain

ダッチデザインが好きでアムステルダムを訪れたことがある人なら、「フローズン・ファウンテン」のことはきっと知っているはず。1992年のオープン以来、ダッチデザインの殿堂であり続けるインテリアショップの老舗だ。そのふたりのオーナーのひとり、ディック・ダンカースさんが先週亡くなったと新聞に掲載されていて驚いた。67歳。事故だったらしい。

彼の友人であるデザイナーのピート・ヘイン・エークが、スクラップウッドで棺を作るそう。ピート同様、モノを無駄にするのが嫌いだったというディックさんに相応しい棺になることだろう。まだ駆け出しだったピートの作品を真っ先に買いに来てくれたディックさんとは、かれこれ26年来の友人だったらしい。

デザインへの愛情と冒険心溢れる、インテリアショップの老舗

フローズン・ファウンテンでは、ものを売るだけではなく、新人デザイナーを発掘して発表の場を与えたり、プロダクトの企画制作も行っていた。今では世界的に知られるオランダの大御所デザイナーの作品も、彼らがまだ無名の時代からいち早く紹介していた。そんな風にさまざまな形でオランダデザイン界に貢献してきたオーナーさんたちと言葉を交わすたびに、「デザインに対する愛情と冒険心」こそこの店のウリだと感じていた。

残されたもうひとりのオーナーであるコック・デ・ローイさんは、NRC新聞の取材に対して、ショップは存続させると話している。ふたりはこれまでも定期的に、どちらかがいなくなってしまった後のことを話し合っていたと言うが、まさかこんなにも突然その日が来るとは想像していなかったに違いない。

私が記事を書いたり写真を撮ったりという仕事を始めたのは、’90年代後半のこと。ダッチデザインが一世を風靡していた頃で、ハイス・バッカーを始め、ピートやリチャード・ハッテン、テヨ・レミ、ヘラ・ヨンゲリウスなど、オランダのデザインレーベル「ドローグ・デザイン」の旗手たちのインタビュー記事を書き続けていた。今だから白状するけれど、当初私にはドローグ・デザイン特有のコンセプチュアルで哲学的な「デザイン言語」がちんぷんかんぷん。それでも仕事のためにと一生懸命見て、読んで、(そしてファンになって)、かなりの苦行の末にようやくかたことではあるけれど、デザイナーたちと共通の言語でコミュニケートできるようになったのである。そんな私にとってこのショップは補習校のような存在で、しゅっちゅうのぞきに行っては親切なオーナーさんたちに作品を解説してもらっていた。

2005年の取材では・・・

随分前になるけれど、ディックさんのインタビュー記事を作ったことがある。その中で彼は、「家具や雑貨なんて所詮モノにすぎないが、どうせならポジティブなスピリットのあるモノに囲まれて暮らしたいよね」と言っていた。「常に”今”を語る作品を扱っていきたい」とも語り、「”今”は刻々と変化するから、僕らのコンセプトは据え置きでいいんだ」と笑っていた。

私の仕事場には、フローズン・ファウンテンで買ったものがたくさんある。これからも、それらを大切に使って行こうと思う。

PS

(記事は、2005年フィガロジャポンに掲載されたもの。この時には見すごしてしまっていたのだが、記事内で彼の名前を間違って表記していた。正しくはディック・ダンカースさん。本当に申し訳ないことをしてしまったと反省している。そして全くの余談だが、当時私は、ミヌス・ファン・デル・ボームという名前でカメラマンをやっていた)