ディア・アムステルダマース

ディア・アムステルダマース、悪いお知らせがあります

1月27日、ファン・デル・ラーン市長(1955)から市民へ宛てたオープンレターはこう始まった。
肺がんが転移していて、「希望的になる理由が見当たらない」診断結果が出たという報告だった。
そして責任をしっかりと果たせるように手配をしながら、「まだしばらくはみなさんの市長でいます」とあった。

ファン・デル・ラーン市長は2010年、スター的な雰囲気のあった前コーヘン市長の後任として就任。前任者のような華やかさはないものの、人々の声に公平公正に耳を傾け市民に寄り添う「父親」的な人物像で、人気と信頼を得ていた。

「アムステルダマー」とは、アムスっ子のこと。
「ベルリナー」や「ニューヨーカー」と同じである。

ファン・デル・ラーンは、この街に住む全ての人々に「アムステルダマー」というアイデンティティを植え付け、育んだ。例えオランダ人ではなくても、この街で暮らし、社会と繋がる全ての人々を、親愛の念を込めて「アムステルダマー」と呼んでいた。


「ディア・アムステルダマース、悪いお知らせがあります・・」
約84万人の市民に宛てたこのオープンレター、私も受取人のひとりとして心して読んだ。

(写真は、2014年のゲイパレードの会場にて。市民に混ざって、ビールを片手に見学していたファン・デル・ラーン市長)