ミラーズ・アンド・ウィンドーズ

ミラーズ・アンド・ウィンドーズ

「ミラーズ・アンド・ウィンドーズ」(鏡と窓)とは、1978年にMoMAで開催された写真展の名前だ。原題は:Mirrors and Windows =American Photography since 1960=

写真を、自己の内面を写し出す「鏡」と、外の世界を探求する「窓」とに分類した興味深い展覧会だった(カタログしか見ていないが)。
もちろん全ての写真を「どっち?」と決めるのは甚だ無理な話で、そういう分類は短絡的という批判もあった。だがなぜか、「ミラーズ・アンド・ウィンドーズ」というフレーズは脳の奥深くにインプットされ、私の物事の受け止め方に大きく作用するようになったのである。

25年以上前にオランダに引っ越してきてから数年は、ライデンという学生街に住んでいた。
楽しいこともあったはずなのだが、それがほとんど思い出せないほどオランダ生活はピンと来なかった。

けれどもしばらくしてからアムステルダムに引っ越して来ると、あっと言う間にそれまで抱いていた違和感が吹き飛んだのである。
ちょうどその頃、私は晴れてバツイチとなり、そのついでに、と言ってはナンだが、オランダ国籍を取得した。利便性を考えてのことで、決して日本がいやになったからでも、オランダが前よりも好きになったからでもない。それに、オランダのパスポートを手にしたところで、全く「オランダ人」になった気はしていない。だが、「アムステルダム」に関しては話が別だった。
住民票をこの街に移し、起業して商工会議所に登録したとたん、私は心から自分のことを「アムステルダマー」(アムスっ子)と感じるようになった。
当時のアナーキーなサブカルシーンや、寛容と過激さを包括したようなダイナミックな空気感と相性がよかったことに加えて、この街が私の「鏡と窓」となり、新しい世界を見せてくれると直感したからだ。


MoMAの展覧会のコンセプトとどれほど重なるかはさておき、この街のありようは内なる(社会的)精神性を如実に表しているし、街を覆う空気感は、激しく変化する世界を敏感に映し出す。
気が付けば私は、常にこの街を通して世界を眺め、この街で描き上げた「世界地図」を手に旅をしていた。