ミラーズ・アンド・ウィンドーズ

De Pijp in the night

「ミラーズ・アンド・ウィンドーズ」(鏡と窓)とは、1978年にMoMAで開催された写真展の名前。原題は:Mirrors and Windows =American Photography since 1960=

写真を、自己の内面を写し出す「鏡」と、外の世界を探求する「窓」とに分類した興味深い展覧会だった(カタログしか見ていないけど)。もちろん全ての写真を「どっち?」と決めるのは無理な話だし必要もない上に、そういう分類は短絡的という批判もあった。でもなぜか、「ミラーズ・アンド・ウィンドーズ」というフレーズは私の脳の奥深くにインプットされて、物事の受け止め方に大きく作用するようになったのである。

25年以上前にオランダに引っ越してきてから数年は、ライデンという学生街に住んでいた。正直、あまりピンと来なかった。楽しいこともあったんだろうが、それはもうほとんど思い出せない。

けれどもしばらくしてからアムステルダムに引っ越して来ると、あっと言う間にそれまでの違和感は吹き飛び、私はいそいそと自分を「アムステルダマー」と感じるようになった。
それはたぶん、アナーキーな空気感を残したアングラな街の雰囲気と相性が良かったことに加えて、この街が私にとって色々な意味で鏡と窓の役目を果たしてくれているからだと思う。

MoMAの展覧会のコンセプトとどれだけ重なるかはさておき、内なる(社会的)精神性を如実に表す街のありようや、激しく変化する世界を敏感に写し出す街の空気感は、やっぱり「鏡と窓」的だと思う。いつからか、その両方を観察することが仕事にもなった。そして私自身も、気がつけばこの街を通して世界や自分を眺めるようになっていた。私の考え方や視点は、間違いなく、そしてかなり強烈に、この街の影響を受けている。

そんなわけで、私が見るこの街と、この街を通して見る世界、移民としての立ち位置など、暇つぶしの良きお供になればと願いつつ「鏡と窓」という新しいカテゴリーの中にアップしていこうと思う。
まぁ街が鏡であり窓であるのは、アムスに限った話ではないのだろうけれど・・・

アムステルダム発のブログで「窓」というと、どうしても他のお窓を連想してしまうけれど、このカテゴリー内を一生懸命検索しても「飾り窓」情報が出てくることはないのであしからず。