世界初の同性婚から15年

15年前の4月1日、アムステルダムの市庁舎で世界初の同性婚の結婚式が執り行われた。
この日、4組の同性カップルが婚姻届を提出。当時市長を務めていたヨブ・コーヘンが式を執り行った。
2001年のオランダに続いて、2003年ベルギー、2005年スペイン、カナダ、2006年南アフリカ、2009年ノルウェー、スウェーデン、2010年ポルトガル、アイスランド、アルゼンチン、2012年デンマーク、2013年ニュージーランド、ウルグアイ、フランス、ブラジル、2015年ルクセンブルグ、アメリカ、アイルランドと続き、2017年にはフィンランドでも同性婚が合法化されるらしい。

2001年4月1日から2015年末までに正式に結婚した同性カップルの数は21330組。
最初の2年は男性同士が、2009年以降は女性同士の夫婦が増えている。
同性の夫婦も両親として養子をとれるし、どんな差別も違法であるから、オランダのLGBTはとても幸せに暮らしている・・・
と思いきや、課題は山積みのようだ。

多文化社会とホモフォビア

LGBTの人権擁護のためにさまざまな取り組みをするCOCという機関が発足したのは1946年。
その昔はオランダでも罪人扱いされていたLGBTの人権をたゆみない努力で改善し、パラダイムシフトを起こしてきた。
その功績は数え切れない。
2012年、学校でLGBTに関する情報提供を義務化
2014年、地方自治体は同性愛カップルの結婚式を執り行うことを拒否する人を採用しないことを決定
オランダに来たイラク、イランからのLGBTの難民が、祖国へ送還されないよう配慮
などなど、上記はほんの一例だ。
ある統計によれば、1968年にはLGBTに対して批判的な見方をしていた国民は36%だったが、2008年には4%にまで下がった。

だが、寛容の国と言われるオランダでも、LGBTが誰からも、そして心から受け入れられるようになる日は来ないかもしれない。
けれどもそんな夢のような理想を掲げる必要はないのだ。
この多文化社会では、それぞれの文化が持つパラダイムが根本的に異なるし、時代に合わせてシフトしていくスピードや方向性も全く異なる。
大切なのは、法律で平等を確保し、差別を禁じること。
そしてそれがどれだけ自分の価値観と異なるとしても、法として例外なく律していくこと。
言うのは簡単だが、COC発足から70年たった今でも、やはりホモフォビア関連の傷害事件はなくならない。

どれだけ一見単一文化に見えても、社会は必ず異なる文化から成り立っている。
ましてオランダは、180カ国以上の国籍が混在する筋金入りの多文化社会だ。
LGBTだけではなく、移民、難民、宗教、国籍等々の他、最近は収入の格差も大きくなり、「あなた」と「わたし」を区別する要素が社会に溢れている。
それを摩擦や差別、極化へと発展させないためには、社会に相当な成熟度が要求される。まさに、茨の道を行くような進化が求められているのだ。
オランダの大人達は(政治家も含めて)今、ほんとうに成熟した社会を目指しているだろうか?
答えがあるわけではないけれど、ニュースを見ながらよくそんなことを考える今日この頃だ。

ウィキペディアに掲載されている地図を見ると、同性愛が重い刑、終身刑、死刑になる国も多い。
どの国にいるのかが運命を分ける。そんなことを再認識してしまう。