マレーシア航空機撃墜:オランダ首相による説明は・・・

photo studio frog

マレーシア航空機撃墜を受けて、オランダ政府が国会に対して説明を行った。

ルッテ首相は、「被害者の遺体を一刻も早くオランダに戻すことが最優先」と強調した。
「そのために、安全に、妨害を受けることなく、現場の調査を行うことが重要」とする一方で、その調整には大きなジレンマがあることを明かにした。
これを受けた議員たちは、(遺体をいち早くオランダに戻すという)政府の意向は理解し尊重するとしながらも、「調整」という名の取引や忖度は、犯人やそのグループを裁く機会を逸することに繋がる危険があると懸念した。
首相は、「ここでは語れないこと」があることへの理解を求めながらも、遺体の帰国を急ぐこと、そして国として遺族のケアに最善を尽くすことが最優先と繰り返した。

「ここでは語れないこと」・・・
山ほどあるに違いない。
だが、どんな事実も迷宮入りはさせない、という首相の言葉が、現実のものとなることを願ってやまない。


オランダ人の死者は、193人だ。

写真は、7月20日のスキポール空港の様子。