VIC’sの日

6月7日。
夕方、そろそろ家に帰ろうと仕事場を出る頃、けたたましいサイレンの音が街中に鳴り響いた。
救急車?パトカー?消防車?全部?どの車も、街の東に向かっている様子。
これはきっと一大事に違いないと、急いで家にもどりテレビをつけてみたけれど、特報もなければ、ニュースもいたって普通・・・。サイレンの音は小一時間途切れることなく鳴り続けた。

そして夜10時前。
ぐずぐず言う息子をベッドに入れて寝かせようとしていると、またしてもサイレンの音。
今度は「ハーレルヤ」のメロディまで奏でている。
なにごとかしら、とググってみると・・・
これだった!

「子供動物パーティー」という毎年恒例のイベントで、長期間病気の子供たち、障害のある子供達とその家族だけに、夕方王立アルティス動物園を開放するという「VIC’sの日」だった。

VICとは、Very important childrenのこと。
彼らは、病院や施設から、救急車や消防車、警察のパトカーなど、サイレンつきの車の送迎で動物園へと向かう。到着すると市長さんの歓迎の言葉を受け、ゆっくりと動物園を見学。そして、またサイレンの音と共に治療や療養が待つ施設へと戻っていく。昨年は1500人のVIC’sが招待され、彼らの家族を併せて5000人が初夏の夜の動物園を満喫したとのこと。

このイベントは、「子供動物パーティー」財団が中心となり、動物園、警察、消防署、救急センター、警察、保安隊、税関、軍隊、赤十字、救助隊、そしてアムステルダム市の協力でオーガナイズされている。

オランダだけではなく、世界各国で開催されているイベントだ、とHet Parool新聞にあった。今年で14回目と言うが、これまでその存在には気づかなかった。

財団のサイトによると、300以上の車両、約100艘の船、1400人のボランティア、22人のコーディネーターが参加。動物園付近の道路は一時閉鎖され、2路線のトラムも迂回した。

晴天の初夏の夜(と言っても、この時期10時ではまだ明るいのだけれど)、まるで子供の歓声のように街に鳴り響くサイレンの音が、闘病生活で外出もままならない多くの子供達の存在に心を向けさせてくれた。