Rijksmuseum アムステルダム国立美術館 2

(←アムステルダム国立美術館1〜間もなくオープン〜)

アムステルダム中央駅も手がけた建築家カウペルスによる国立美術館がその扉を開けたのは1885年。
<レンブラントの傑作「夜警」を飾る祭壇>というコンセプトに基づいて設計された「芸術の殿堂」である。

カウペルスは、ネオゴシックやネオルネッサンス様式が融合した建築スタイルの趣をインテリアにも反映させるために、自ら壁や天井を彩る装飾画も手がけていた。
しかし、その鮮やかな装飾は、前世紀のミニマリズムの流行に押されて、真っ白に塗りつぶされてしまう。
「それは、建築とインテリアを結びつけていたリンクを断ち切ることと同義だった」とは、今回の改築で天井画と壁画の修復再生を担当した美術史家、アンナ・ファン・グレーフェンシュテインさんの言葉である。改築後、美しく蘇ったカウペルスの館内装飾。それは、構造(建築)と空間(インテリア)の統一感と、建築全体のロジックを再生するものであった。

芸術を見せる美術館であり、歴史を語る博物館でもあるという同館には、80の展示室があり、800年分のオランダの歴史を伝えている。歴史的なオブジェ、絵画や彫刻などのように種類で作品を分類せず、時代ごとにまとめて見せることで、その時々の文化背景や風潮がわかるようになっている。

近代の展示場には、1918年に製造された飛行機や、アウシュビッツ強制収容所で着られていた縦縞の囚人服、その持ち主の家族アルバムなども並んでいた。その全てが重要な時代の証人であり、同世代の作品が生まれる背景を物語っていた。

デ・スタイル派の作品の数々、1960年代に登場したスキポール空港の案内板(トータル・デザイン作)、そして先鋭の若手デザイナーヨーリス・ラールマンの「ボーンチェア」のプロトタイプや模型などは、デザイン好きにはたまらない。どの作品も、どこかで見たことがあるものばかりではあったが、時代を意識して一望することで、これまでとは違った側面が見えた気がした。

1968年に作られたフェルディの「Wombtomb」(フェイク・ファーの棺のようなオブジェ)を見ることができたのは、私にとってはこの日の最大の収穫だった。フェルディは、私がアートアカデミーの学生だった頃大好きなアーティストだったが、彼女に対する評価は非常に割れていることも知っていたので、担当の学芸員に話を聞いてみた。すると、「この作品の展示を巡っては大きな論議がありました。しかし、1960年代最大のムーブメントであったヒッピー文化を象徴するには、彼女の作品が最適であると考え展示しています」との答えだった。

アートやデザインで綴る、800年のオランダ史。
アムステルダムに来るチャンスがある人は、是非!
新しくできたアジア館には、対の仁王像や、出島の模型もあります。

Photo © studio frog