シンタクラースがやって来た!

毎年、この時期になるとやってくる、子供達のスーパーヒーロー「シンタクラース」。
今年は先週の土曜日にオランダに到着、翌日の日曜日にアムステルダムにやってきた。

シンタクラース(=セントニコラース)は、ズワルトピートという黒ぬりの家来602人を引き連れ、毎年11月半ばにスペインから蒸気船でやってくる。そして、12月5日のシンタクラース祭に国中のよい子たちにプレゼントを配り、またスペインへと帰っていく。

このシンタクラースこそ、サンタクロースの起源だと言う説がある。

モデルになったのは、4世紀頃、トルコのミュラという町にいた司教ニコラース。
奇跡的な偉業から聖人となり、主に東ヨーロッパで命日である12月6日が祭られるようになった。
13世紀にはオランダにも伝わり、15世紀頃には命日の前日である12月5日を「シンタクラース祭」として盛大に祝い、同時に暖炉の前に置いた靴の中にプレゼントを入れてもらう風習が広まったと言われている。オランダ人にとって最も重要な行事で、17世紀にニューヨークへと移住したオランダ人と共にこの風習はアメリカに渡った。
これがいつしかサンタクロースにかわり、祝う日も12月25日になった、、と言うことらしい。

サンタと言えばトナカイだが、シンタクラースはアメリコという名の白馬に乗ってやってくる。

日曜日、朝10時から2時間ほどかけて、シンタクラースらを載せた蒸気船が街の運河を練り周り、中央駅横の海洋博物館に上陸した。市長からの歓迎の言葉を受けたあと、アメリコにのって街を行進。夕方4時頃、ライチェ広場にある市立劇場のテラスから、街中の子供達に「いい子でいるように」と語りかけてパレードは終了した。

これから12月5日までは、国中がシンタクラースムードで持ちきりになる。
店や街頭はもちろん、職場や学校にまでシンタクラースとズワルトピットは現れる。
オランダ国営放送では、「シンタクラース・ジャーナル」という子供向けの番組が毎晩放映され、プレゼントの用意でてんてこまいのシンタクラースや、時には大失敗しながらも奮闘するズワルトピートたちの様子を愉快な報道風ドラマで紹介する。

8才になる私の息子は、去年、シンタクラースがただのおじさんであることを知った。
だが、パパとママをがっかりさせないようにと、去年は気づかないふりをしていた・・・と今年になって告白された。
オランダの親にとって、子供がシンタクラースを信じなくなる時期は成長のひとつの節目だ。

モンテソリの小学校に通う息子のクラスは、3学年(6〜8才)の子供達で形成されている。
ある時、8才の女の子が教室の中で「シンタクラースなんていないよ〜」と叫んでいると、担任の先生が8才の子供達全員を集めて、「小さな子供達に、シンタクラースの秘密をばらしてしまうのはよくない。君たちが心からシンタクラースを信じて楽しみにしていた時のことを思い出し、ちゃんと話を合わせてあげるのがお兄さん、お姉さんとしての役目」と説明があったらしい。その話を息子から聞いて、シンタクラース祭にかけるオランダ人の思い入れの深さを再認識した。

12月5日の夜に交換するプレゼントには、その相手にまつわる愉快なエピソードをうたった詩を添える習慣があることから、この時期、小学校高学年生はより面白く、美しく韻を踏む詩の作り方も学ぶ。
たかが詩、されど詩。オランダ人はいくつになっても真剣にシンタクラースの詩を作る。
詩作りが苦手な人のためには、韻の一覧を掲載した特設サイトなどもあり重宝。それでもだめなら、相手の情報を元に詩を作ってくれる学生アルバイトに頼るという手もある。

こうして、考え抜いた詩で家族の笑いをとることに、オランダ人は燃えるのだ。