Jack Mama (フィリップス・デザイン)

フィリップスのプロダクトをデザインするフィリップス・デザイン社は、世界最大級のデザイン事務所である。
そのセクションのひとつである「デザイン・プローブス」では、10〜20年先のライフスタイルを予測しながら、新時代のデバイスを考案している。
政治や経済、環境、国際関係など、人々が将来直面するであろうさまざまな問題や、現時点では実用化されていない未来の技術の可能性などをプロダクト・デザインを通して可視化し、新しい論点を提議することがミッションだ。

デザイン・プローブスの発起人であり、クリエーティブ・ディレクターでもあるジャック・ママ氏から、「デザインで可視化していく未来」について話を聞いた。

将来人類が遭遇するであろう問題を、
デザインで可視化する

世界各国に構えたスタジオで、500人以上の専門家が勤務しているというフィリップスデザイン。その本社があるのは、フィリップス社の発祥地であるアイントホーフェンという街だ。近年では、名門アイントホーフェン・デザインアカデミーの本拠地としても知られるようになった、革新とデザインの街である。

ジャック・ママというユニークな名前は本名。
「人の笑顔を誘う名前なので、気に入っている」と言う。
ママは、ロンドンのカレッジ・オブ・アーツで工業デザインを専攻したあと、フィリップス・デザインに入社した。現在は、2008年に設立したデザイン・プローブスで、クリエーティブ・ディレクターを務めている。

「フィリップスでは、将来を3つに区分して、それぞれのビジョンを考えています。1つは現在から2,3年後。次世代のプロダクト開発に直接結びつくビジョンです。次は2,3年後から10年後。実際にプロダクト開発をするわけではないが、新世代プロダクトの方向性を決めるビジョン。そしてデザインプローブスが担当するのは、10~20年後の未来です。私たちは、商品開発ではなく、さまざまな専門家とリサーチをすることからスタートします。様々な要因で変化したり制限をうけたりする将来のライフスタイルを予測し、新しいディバイスのコンセプトを打ち出しプロトタイプをつくります。考えるべき新論点を可視化し、世の中にディスカッションを引き起こしていくことが目的です」

プロジェクトによっては、遠い未来の夢物語という印象を与えるものもあるが、彼らのアイディアは全て実現可能な技術をベースにしている。実用化には至っていなくても、基本的に実現できるものばかり。
この春発表された「Metamorphosis」もそのひとつだ。
生活環境の中に自然の営みを取り入れようというコンセプトで、光、空気、音、身体の4つのテーマにそって新ディバイスが考案された。
公害や電磁場の影響、騒音などを遮断する一方で、自然の光や音、そよ風などは積極的に取り入れたり再現する。
かつて人間は、太陽の動きで時間の経過を知り、光や風の変化で季節の移り変わりを感じ取りながら、自然のサイクルの中で生きていた。
このプロジェクトは、現代の居住空間や職場環境がどれだけ自然から隔絶されたものであるかを再認識させ、自然回帰へのマインドセットにスイッチを入れることを狙っている。

写真1:Metamorphosisプロジェクト (C) Philips Design

写真2:ヒーリング・ベッド:自然光をキャノピーを通して内部に取り込めるベッド。心地よい太陽光や月光を寝室に取り込み、自然のサイクルで質のよい眠りを実現するというコンセプト。 (C) Philips Design

写真3:ソーラー・ブローボットコンセプト:太陽エネルギーを利用し、空気で膨らませたテキスタイルが人の存在や動作を察知して揺れ動き、そよ風を起こす。空気の流れの可視化がコンセプト。(C) Philips Design

写真4:サン・ビーム:光学ファイバーを通して集めた自然光を、 ディフューザーや反射板で部屋に取り込む。ソーラーデバイスを効率よく充電することもできる。 (C) Philips Design

デザインは、抽象的すぎて伝達力のないテクノロジーと人間とを繋げるもの

前回のプロジェクト「フード」では、作業効率重視だったキッチン家電の文化を見直して、焦点を食の意識へとシフト。「コンシャス・キッチン」をテーマに、4つの領域でディバイスが考案された。
4領域とは、食の安全性と栄養価のコントロール、食材のデザイン、新しい食の体験を生むテーブルウェア、食糧危機に備えるホームファーミングシステムだ。中でも、魚の養殖と水栽培を組み合わせた合理的なエコシステムの中で食材を飼育栽培するホームファーミングシステム「バイオスフェア」は好評だった。一方、新しい食材をデザインする3Dフード・プリンターは、その意義を見いだせない人が多く、賛否が極端に割れた。しかしママは、「こうして生まれる論議こそ、未知の領域を探求するために必要な洞察力を与えるもの」と言う。

デザインの戦略については、「適切なトーンのデザインでコミュニケートすることが重要」と言う。「プロジェクトによっては、強い反応を喚起するために過激なデザインを使います。一方、フードプロジェクトのようなタイプでは、親近感を前面に出す方がメッセージは伝わりやすい。だから控えめで、既存のディバイスに近いデザインにしました。デザインの役割は、抽象的すぎて自らは伝達力を持たないテクノロジーと、それを受け止める人々を結びつけることです」。

ところで、普段テクノロジーに馴染みのない人ほど、テクノロジーを万能視する傾向がある、とママは言う。「テクノロジーへの依存心を満たすためのプロダクトではいけない。人間本来が持つ感覚や感触を守り養うのが、テクノロジーの真の役割」。
自然のありようを見つめ、それを常に自分の体や生活と結びつけて考えるという営みは、一度生活から消してしまったら、2度と取り戻すことはできないと言う。
「最先端のテクノロジーに携わる我々は、自分たちがこの大切な営みを守り伝承していくことをサポートする存在であることを忘れてはいけません。テクノロジーは、間違った方法論をとると悲劇を生みます。だからこそ私は、人間の良心を信じてこの仕事に取り組んでいます」

写真1:3Dフード・プリンター。 (C) Philips Design

写真2:食材の栄養価や安全性を管理するディバイス。摂取する養分や量が可視化される。 (C) Philips Design

写真3:独立したエコシステムで食料を飼育栽培する「バイオスフェア」。最下段は魚を飼育する水槽。 (C) Philips Design

写真4:新しい食の体験を体現するテーブルウェア。料理を盛りつけると皿が発光する。 (C) Philips Design