エリック・ケッセルス

最近興味を持っているのは、緻密に計算された完璧なクリエーションばかりの世の中で、魅力的な間違いを探すこと。懸念していることは、社会の不寛容化
(エリック・ケッセルス)

ちょっと不思議なユーモアと過激なステートメントで、脳裏に深く残る広告を作るクリエーティブエージェンシー「ケッセルス・クラーマー」。その主宰者エリック・ケッセルス(1966)は今、国内外から注目されるクリエーターのひとりだ。広告制作のほか、展覧会の企画や出版も意欲的に手がけている。
発見、驚き、そして笑いに満ちたディレクションで話題を呼ぶ「In Almost Every Picture 」は、エリックがネット上や蚤の市などで見つけた写真を本としてまとめた写真集のシリーズである。第一弾は、1956年から1968年にかけて撮影されたあるスペイン女性の記念写真的なポートレート集。バルセロナの蚤の市で購入した、きれいに箱詰めにされた何百枚ものスライドをプリントしたものである。彼は、世界中でこのような写真やアルバムを見つけては購入し、今では倉庫が破裂するほどのコレクションらしい。
シリーズ8冊目となる新作は、日本人ブロガー芥川浩典氏とのコラボで誕生したウサギの写真集である。

インターネット時代で生まれた、写真の民主化

以下、E=エリック、Y=ユイ)

E:芥川さんは3年くらいの間、ウサギの頭の上にいろんなオブジェを載せた写真をブログに掲載していた。
知り合いから「面白いブログがあるよ」と教えてもらって、毎日楽しみにチェックしていた。このブログがスタートしたのは1999年。使っていたカメラも初期のデジタルカメラで画素数も少ない。でもすごく面白いアイディアだよね。ペットのウサギの頭に意味不明なオブジェを載せて、毎日写真を撮り続けるなんて。それを何年も続けることで、不思議な文脈が生まれてる。
このブログを見た時、インターネット時代の中で誕生した「写真の民主化」を予感したよ。彼は、一般の人が自分の写真を世に向けて発表する「ブログ」という新メディアの先駆者だと言える。このウサギの「ウーロン」は2003年に永眠するんだけど、それによってカタログ的に撮りためられていた写真が「記録」に変身する。ウーロンの死後しばらく時を置いて、ブログを更新していた年月を俯瞰する感じで写真集を出すというのもタイミングとしていいかなと思い、今回出版した。

Y:でも、このような面白いブログに出会うのって、今の時代、至難の業なのでは?

E:今日のネット上って、ある意味巨大なゴミ箱状態。本当に興味深いものを発見するのは難しい。でも幸い友人知人同僚のいいネットワークがあるので、それらを駆使しておもしろいものを探しているよ。

Y:最近関心を持ってみていることってある?メディア、社会、政治、なんでもいいのだけれど。

E:最近すごく強く感じていることは、世の中に「完璧なもの」ばかりが蔓延していること。気がつくと、一昔前までのような「ちょっと失敗しているけど、それも愛嬌でいいっか〜」みたいなクリエーションがなくなってる。

Y:何が原因だろう?

E:最近のクリエーションって、コンピューターやテクノロジーと連動しているでしょう?だからそういうことにすごく長けた若いクリエーターの時代でもあるよね。彼らは技術をばっちり身につけて世の中に出てくる。コンピューターみたいにね(笑)。早熟で、若いうちから「完璧な仕事」が染みこんでいるから、完璧なモノばかりを次々と作り、ミスにも敏感。ちょっとでも間違いがあるとボツにする。そうしているうちに、モノって完璧でないとだめという「完璧ボケ」が生じる。それって、一種のプロパガンダだよね。 家族アルバムですらそんな「完璧崇拝」に侵されてきてるよね。きちんときれいに画角に収まるように並んで、みんなで完璧なスマイルをつくる。別に発表したり他人に見せるものではないんだからハチャメチャでもいいはずなのにさ。そういう写真のほうが、後で見返して何倍も楽しいよ。こうやって「ミス」とか「めちゃくちゃ」が世の中から消し去られていくのって、すごく退屈な展開だよね。

Y:「完璧」な世界はつまらない?

E:ちょっとたとえは古いけど、60年代に建築家がオフィスのインテリアデザインを手がけるようになった頃、彼らはオフィス用家具の「文法」なんかほとんど理解しないままにデザインしていた。メーカー側もそのデザインを見て「これをどうやって作れっていうの?」と頭を抱えたりして。
でもそれまで「間違い」と言われていた要素を含むものって、時に新しい価値観や発見を生み出すし、真に新しいものの誕生の契機にもなる。
何よりも見ていて新鮮だよね。
そんなわけで、最近積極的に「間違いのあるもの」を探してます(笑)。

僕には子供が3人いるんだけど、彼らが鼻血出してたり、転んで目の周りに青タンつくってたりすると写真を撮りたくなるんだよね(と、写真集「think」を見せる)。
「完璧の追求」という意味で言えば明らかに大間違いな状態なんだけど、見る人はハッとする。「なんでこんなへんてこな顔の写真を撮るんだ?」と笑う人もいるし、「子供を虐待しているのかっ!?」って怒り出す人もいる。驚きや発見が、人それぞれに感情的なリアクションを喚起してるってことでしょ。メディアを通してコミュニケートするって、そういうことだと思うんだよね。ハッとしたあとに、個々の感想や感情、考えがついてくる、っていうか。でも断っておくけど、この(子供の)写真、やらせじゃないからね。子供がいる人はわかると思うけど鼻血や青タンは仕込まなくても年中見られる(笑)。

不寛容な社会

E:もうひとつ最近懸念しているのは、社会が不寛容になっていること。勿論これはオランダだけの話ではないんだけど。不景気が長引けば長引くほと世の中は右に傾くけど、今のオランダにはリーダーシップをとる政治家がいない。これが「右化」にブレーキをかけられない原因だと思うね。

Y:そんな中で、世の中に対する影響力が強く、発言力もあるクリエーターのひとりとしてできることはある?

E:あるよ。そういうチャンスは積極的に探してもいる。例えばオランダの携帯電話ネットワーク「Ben」の最近のキャンペーンでは、黒人の移民の少年をモデルにして、
「Ben welkom」(ベン・ウェルカム)っていう広告を作った(*注)。
これは「Ben」のネットワークにウェルカムっていう意味と、「(I)am welcome」(僕は歓迎されている)っていう2つの意味をかけている。移民が追いやられる風潮に対する皮肉の意味も込めてね。これは大きな反響を呼んだよ。
(*注:「ben」は英語の一人称動詞「am」と同義であると同時に、一般的な男性の名前でもある。それを携帯電話のネットワーク名にし、一般の人々がモデルの写真を使ってキャンペーン展開。親近感をクリエートしている)

少し前のSNS銀行のキャンペーンでは「こんな方法もある」というキャッチで、今までとは根本的に違う方法で問題を解決するってことを表現した。「この銀行は革新的な解決方法を提案しますよ」ってね。その解決方法は、仇同士の間にも和解を生み出すほど有効だと言う意味を込めて、敵対する者同士が和解のハグをするシーンを使った。ネオナチ風の男とアラブ系の男や、犬猿の中で知られる「アヤックス」と「フェイエノールド」というサッカーチームのサポーターが笑顔でハグ。これも極化して対立ばかりが生じる世の中に対して、「不可能が可能になる」場面を提示するものだった。
こんな風に、社会に蔓延する空気に対して、しっかりとコメントする広告作りは、できる限りやっていきたいね。

Y:クライアントと対等で良好な関係を持つケッセルスクラーマーだから作れるキャンペーンって感じですね。ありがとうございました。

取材後記

エリックが一番好きな市場というブリュッセルの蚤の市に行ってきた。
身より無く亡くなった人の家財道具が一切合切売られるような怪しげな市場で、彼はここでよく古い写真や見知らぬ人のアルバムを購入するそう。
私も真似して一冊購入。調べてみたら、ベナン共和国の「La Croix de Dahomey」という新聞の編集長をしていた人のアルバムだった。
それを売っていた怪しげな青年にいくらかと聞いたら、中身にざっと目を通した後「これは政治関係の人のアルバムだから20ユーロ」とふっかけられるも「高すぎる!」と食い下がると、あっさりと10ユーロに。

身も知らぬ人の人生をのぞき見るような、不思議な気分だ。